子育てについての考え方の違い

我が家の長男は、今2歳3カ月になりました。

長男のおかげで、たくさんのママ友に知り合うことができて、嬉しく思います。

独身時代からの友達と違って、子供を通じて知り合っているので、色んな育児の情報を交換できます。

ただ、子供がいなかったら出会うことがなかっただろうなっと思う友達もいます。

そんな友達と知りあえたきっかけをくれた長男には、感謝したいと思います。

色んな家庭の事情や立場が違うので、子育てに対する考え方もいろいろです。

今まで、仕事をバリバリしてきて、急な妊娠で結婚して育児をしたママ友もいます。

また専業主婦で、家計に余裕があって毎日のように、オフ会やランチ会に参加しているママ友もいます。

ママになってから出会っているので、独身時代を知っているわけでもないのでわからないこともたくさんあります。

特に性格の違いなどは、ママ友として付き合っていてもわからないこともあります。

最初は気が合うのかもと思っていても、仲良くなって色々話していくにつれてあれ?と思ってしまうこともあります。

私はママ友との関係で、仲良くなれるかなと思うきっかけがいくつかあります。

一つは、子育てに関する考え方です。しつけや生活習慣や食べ物に関することなど、意見が合うママ友が今でも一番仲良くしています。

もう一つは金銭感覚です。お金の使い方って私は、その人の性格がよく出ると思っています。

金銭感覚が違いすぎると、お付き合いをしていく上で、無理をしなきゃいけなくなる時が来てしまうからです。

私は家計を圧迫させてまで、無理に付き合おうとは思いません。

でもどちらかといえば、やはり子育てに関する考え方の違いの方が重要視していると思います。

ママ友との付き合いは、自然と子供同士の付き合いにもなってきます。

子育ての考え方があまりにも違うと、衝突してしまうことが多いし、相手への不満にもつながります。

特にまだ1歳ぐらいの時は、食べ物の中でもお菓子についてはだいぶ考え方が違います。

一緒にあそんでいたら、子供同士お菓子を食べる機会も多いので、余計に敏感だったのかもしれません。

せっかく息子を通じて仲良くなった、ママ友との縁は大事にしていきたいと常に思っています。

色んな事を知ることもできるし、自分が悩んでることでも考え方一つで一気に楽になることもあります。

私も今まで、どれだけママ友の言葉で助けられたか分かりません。

子育てに必ずこれが正しいといい切れることは少ないです。

だからこそ子育てへの考え方の違いもうまれるんだと思います。プラスになることはなるべく取り入れたいと思っています。

レガシィB4

子供達の大好きな動物園

我が家の子達はとにかく動物園が大好きで、「どこいきたい?」ときくと、かならず「 動物園!」 といいます。

動物を触ったりするのはスゴく苦手でアリですら近づいてくると泣いたり、逃げたりしてしまいます。

柵越しだからなのか、動物園は大好きです。

サファリパークも一度行ったことがあり、その時は車で中に入り、餌やりなどもしたのですが怖がっていたものの、楽しかったようで

またいきたいといっています。

サファリパークは少し遠いので、動物園にいくことにしました。

もちろん子供達は大喜び。

「キリンさんとぞうさんに会いたい!」

などと、とにかく楽しみにしていました。

急遽のことだったので、お弁当は作れなかったので、とりあえずおにぎりだけ作っていくことに。

準備を終え、動物園に行くと、駐車場の大行列。

土日などは、ガードマンさん達の誘導で少し遠くはなりますが、近隣の道などにも停めることができるので、うろちょろしてみることに。

しかし、道の脇の停めれるスペースもビッシリと車が停まっていました。

「ここから歩いたら結構遠いだろなぁ。」というところまで、車がビッシリ。

これは相当混んでいるのだろうなぁ。と駐車場に並ぶことに。

待つこと約一時間。。やっと動物園の駐車場の入り口の前になり、後数台に。

子供達も飽きだしちょうどよかったぁ。と思いながら、結局駐車場だけで1時間半かかりました。

さぁ、待ちに待った動物園へ。

動物園内はとても広いので、大混雑まではしていなくて、ちょうどよいかんじでした。

まずは入ってすぐ、ペンギンさん。

ちょうどお水にでたり、入ったり活発に動いているところで、飼育員の方がえさをやったりしてくれていつものペンギンさんより楽しむことができました。

子供達も「次は次は?」

と楽しみに回っていました。

動物園ってタイミングが悪いと動物さん達のお昼寝の時間だったり、暑すぎてもダラダラしてしまっていたり、難しいですよね。

ちょうどよい気温だったこともあり、動物さん達が比較的に活発に活動しているところが見れたのでよかったです。

毎回、ヒョウがあまり見ることができないのですが、今回は窓の前にある大きな岩の上にたっているところが見れて、大人でも迫力満点でした。

白熊も寝ていたりすると角度で見えない時などあるのですが、今回は水にジャンプしてくれたり、窓の前まで来てくれたり、

子供達もびっくりして泣きそうになりながらも楽しんでいました。

やはり何より子供達が喜んでくれたのでよかったです。

たまにしかない休みを子供達のために使ってくれる旦那さんにも感謝しなくてはいけませんね。